スーツスタイルの基本形

1万円スーツ

スーツスタイルの基本形

スーツには、礼装のモーニング、燕尾服、タキシードなどありますが、仕事の場で着用されるビジネススーツの形には3つの種類があります。英国を中心として発展したゲルマン系スーツ、アメリカ系スーツ、フランス、イタリアを中心とするラテン系スーツの3つです。これらから派生した流行を追う既製スーツも販売されていますが、デザインの元となっているのは、これら3つのいずれかになります。

 

ゲルマン系あるいは、英国調とわれるスーツのスタイルの特長は腰の部分のくびれです。量販店のスーツを見比べてみてもわかるのですが、英国調スーツのジャケットは、肩がガッシリと見える、腰の部分が明らかに細くくびれていて、裾は開き気味なシルエットになっています。体にフィットする感じになります。

 

アメリカ系スーツはゲルマン系のようにウエストを絞ったリせずゆったりとしたジャケットで、肩もなだらかなラインになっています。

 

ラテン系スーツジャケットは、ゲルマン系程ではないがウエストが絞られていて、スーツの裾は腰のラインに密着気味なのがゲルマン系との違いです。

スーツ福袋人気ランキング

スーツ福袋人気ランキング

スーツ福袋人気ランキング

スーツ福袋人気ランキング

1万円スーツ